09_12_29

不測事態発生です
死活問題です、このままだと凍死します!

なんとNさんからいただいたストーブが調子悪いです
この写真は消火状態の芯の位置なのですが
この位置では火は付きません
まずいです

本来この位置まであがった状態でロックしてくれないといけないのですが
ロックしてくれません
マジでやばいです
今日はかなり暖かいので何とかいけますが
っといっても工房の温度は0度
寒いです、なんとしてでも修理しなければ!!
とりあえずキャンプで使う
ホワイトガソリン使用のコンロに火を入れます
これだけでもかなり暖かくなります

早々ばらしにかかります
それにしても単純な構造になっております

上の状態にばらすまで外した部品はたったの5個
中国製?
まあ段ボールは使っていないようなので一安心です
故障箇所発見!
斜めに倒れている部品が
地震時に自動的に消火するためのセンサーですね
こいつが倒れているといつまでたっても
芯が上に上がってきません
通常は火力調節のレバーを最大にすると戻るのですが
戻りません

本来はこの状態にならなければいけないのです
良く見てみるとレバーを最大にしたときに
引っ張られる鎖がずれていました
これでは何度やってもこの状態にはなりません
写真では写っておりませんが
鎖を正常な位置に戻して点検
OK!
これで寒さをしのげます

修理完了です
やはりこの時期はこいつは必須ですので

まあ、お外はこんな状態ですから
ストーブが無いと生死に係わるわけで・・・・・・