14_01_05

ピックアップの取り付け加工


リペアの依頼をサボっていたわけではありません

こんなことや

↓↓↓↓

こんなこと・・・・

なにせ作業は地味で時間がかかるので
HPネタにならなかったわけです

ボディーサイド1周もやると力つきます(T.T)

なのでちがう作業に手を出しましょう

バインディングのリペア依頼を受けた際に
このピックアップの取り付けも頼まれましたので
ボディーに加工を施していきたいと思います

ピックアップはFISHMANです
これはかなり高価な代物ですよ、はい

加工といっても穴を開けるだけなんですけどね

穴のサイズは12mmです
ボディーを軽く固定して開けていきましょう

ボディーエンドのストラップピン跡をよく見てみると
若干左にずれています

うーん、このまま穴を開けるとセンターがずれてしまいます
ドリルで穴を開ける際に
ドリル本体を少し右に圧しながら開けることにします

これでどうだ!!

良い感じに穴がセンターに寄ってくれました
OKですね

ボディーの内側はどうなっているのか心配です

おお、こうなっているんだぁ〜
ダブルXブレイスなのか??

まあさておき、穴もバリが無く良い感じです

肉眼では絶対に見ることの出来ない絵ですね
デジカメ様々です

パーツを組み込んでみましょう

不測事態発生です!!

てってってってってってってってっ

手がこれ以上入りません!!!

どうやってパーツ取り付けよう????

あまりの厚着で腕がかなり太っていたようです

素手でもやっとこ届く位でした

ジャック部分をデフォルトのま取り付けてみました

ん?なんか不格好だぞ

原因その1
 ナットが目立つ

原因その2
 センターのジャックを差し込む部分が飛び出ている

以上2点!

微調整することにしましょう
センターのジャック部分をあと7mmほど引っ込めることにします

仕上がり予想です

このくらいで収まってくれればOKなんですけどね

平ワッシャーやら菊ワッシャーやら
サイズのちがうナットやら
部品が沢山付いていたのですが
設計図が無いのでどのように組み上げるのか見当が付きません

以下想像で組み込んでいきます

まず、ジャック部分を7mm引っ込んだ状態で固定できるように調整します

固定部分のナットをダブルナットにして固定します

これで良い具合の位置で固定することが出来るはずです

ほぉぉ〜

美しい、先ほどとは見た感じがまるで異なりますね

これで良いでしょう!!

ジャック部分がボディーに付いているにもかかわらず
ピックアップとのラインがこんなに余っています

長すぎでしょ

 

次回予告

たぶん仕上げられると思います

【戻る】 【J-50DXリペア】 【次へ】