13_12_28

塗装面の段差研磨を進めます


長いこと自宅に戻ってこれませんでした
それどころか10月〜12月は単身赴任先の官舎にすらほとんど戻ることが出来ない状況でした

おかげで代休貯まりまくりです
さあ、始めましょう!

まずは状態を確
こんな状態で長いこと放置してありました

 

塗装面は完全に硬化していますが
まだ塗装面が薄いようです

これでは研磨出来ませんので
さらに塗装を乗せていきます

当然手作業で進めます

塗装を乗せては乾燥させる

この作業を3日間ほど続けました
塗装始めると作業進度が一気に停滞します

まあ、気長に進めましょう

塗装の厚さもぼちぼち良いようですので
研磨を進めていきましょう

まずはボディートップを試しに進めます

研磨する際はこのようなサンディングブロックを使用します

番数は#400です

 

こんな感じで新たな塗装面と古い塗装面の高さを均一にします

サンディングブロックの右側に白い筋が見えますね
まだ段差がある証拠です
この白い筋がなくなるまで研磨するわけです

白い筋がなくなりましたね

試しに部分的にコンパウンドで磨いてみましょう

使用するコンパウンドは20ミクロンです

どうでしょう??

この部分はバインディングの仕込み具合がちょうど良くて
新旧の塗装面をほぼ平らにすることが出来ました

良くできています、満足・・・・

まあ、この地味な作業をサイド、ボディーバックと進めていくわけです

んでもってトップ面は完成しました

バインディング部分を磨いたついでに
トップ全体も軽く磨いておきました
なんか、一皮むけたというか
ある程度輝きを取り戻したボディートップです

んなわけでサイドも同じ要領で研磨していきましょう

あらあら、白い筋が消えません
あとからタッチアップしていかないとなりませんね

オナー様には申し訳ありませんがもう少し時間がかかります!

次回予告

サイドの研磨とバックの研磨かな・・

【戻る】 【J-50DXリペア】 【次へ】