16_05_08
6日目

さてさて、ピックアップは連絡待ちということで
ボディーから取り外したパーツ類のクリーニングとナットを作っていきましょう


とりあえず昨日の続きではありませんが
ブリッジ側のサーキットの点検をしておきます

ネック側ピックアップは元気なので
そのピックアップをブリッジ側のサーキットにバイパスします
んでもって音出し確認をいたします

この状態で音が出ればブリッジ側サーキットは問題ないことになます

同時にブリッジ側ピックアップの故障が確定するわけです

いさ、点検!

全く問題ないようです
めでたいのか、そうではないのか微妙です・・・・

んじゃ、クリーニングを進めましょう

ボディーが綺麗になったのでヘッドも綺麗にします
ご覧のようにかなり汚れています

取り外したトラスロッドカバー

下半分クリーニングしてみました
白い部分がより白くなってますね

それでは上半分もクリーニングしましょう

ヘッド部分の汚れも落として綺麗になったトラスロッドカバーを取り付けます

カバーはプラスチックなのでピカピカにすることも可能なのですが
全体のバランスを考えると不自然です
なので、そこそこに控えておきます

新品パーツをエイジド加工したような雰囲気にとどめます

続いてピックガードですね

見た感じ綺麗です
ピックで磨かれているせいでしょう

裏です

長年の汚れが媚びれついていますね

ボディーへ取り付ける金具

まあ・・・・・・形容しがたいですね
これ外れるんでしょうか???

とりあえずトライしてみます

外れました

それにしても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さあ、頑張ってクリーニングしましょう

ふぅ、こんなに綺麗になりました

ピックガードの裏側もクリーニング完了

取り付け金具を取り付けてピックガードのクリーニング完了

次はテールピース

とにかく作業を進めましょう!
じ後ビフォアアフターが続きます

はい、アフターです
表のアフターです

ブリッジ、こいつは厄介そうです

この媚びれついた物質が何なのかわかりません!

正真正銘ギブソンのビンテージです
この面は比較的綺麗です

問題はこのサドルの駒が乗っかっている部分

現状で全く動きません!
これではオクターブ調整も不可能です

気合を入れてクリーニングしていきます

何とか駒の部分は取り外せました

本体をクリーニングします

凹んだ部分をピンセットやら何やら使って
汚れをかき出します

それにしてもすごい事になっています

外回りはドレメルにワイヤーブラシを装着して汚れを落としていきます

ワイヤーブラシでは凹んだ部分は不可能です

フタル酸シンナーに浸して汚れを溶かし落としていきます

次は駒の部分ですね

とりあえずビフォアーです

アフターです

特にコメントありません
あと5個残ってますし・・・・( ;∀;)

ブリッジのクリーニング完了

駒もスムーズに動くようになりました
これでオクターブ調整も可能です

出来ればナイロンのサドル交換したいくらいです
かなり摩耗してますしね

ブリッジを支えるアンカーボルドとナットです

ビフォアーですね

アフター

だんだんコメントが雑になってきました
この後にも写真がたくさんあるものでして

すみません

こいつは・・・・・

交換します!

とりあえず各パーツのクリーニングは完了です

このまましばらく保存です

洗浄液もこんな事になってます

早く外に捨てましょう

本日のメインイベント

サドルの整形です
使用するのは漂白された牛骨ナットです
本当は無漂泊の牛骨使いたかったのですが
手持ちがありません、帯広の楽器やさんにもありませんでした

やむなくストックしてあった物を使います

良く観察してみると3・4弦の溝が外側に向かって削れていますね

これも長年使い込んだ証でしょうか

まずは底の部分をフラットにしましょう

赤く見える部分が凹んでいる部分です
この色が消えるまでサンディングします

ゴシゴシゴシゴシ

手に白い粉が付いているせいが
爺臭い手です、実際爺ですけど

底の部分と両サイド部分を削っては現物合わせで
何度も確認です

ようやくはまりました、これからラフカットを進めます

半分から割った鉛筆を使って
フレットの高さをナットにトレースアウトします

ナットにトレースアウトされた線がフレットの高さです

余裕をとってこの線より1.5mmほどオーバーサイズでカットしましょう

ドラムサンダーでラフカットをしていきます

うーーーーん、歯医者で歯を削っている匂いが漂います

サイドは概ねOK

同じように上の部分もラフカットしていきます

ラフカット中

現物合わせで確認しながら作業を進めます

ラフカットはこんなもんでしょうか

続いてこのナットをオイルに浸しながら耐水ペーパーで滑らかにしていきます

すみません、写真撮り忘れです

この牛骨結構オイル吸い込みました
色が少し変わったのわかります?

これで弦の滑りも良くなるはずです

溝を切る準備を進めましょう

取り外したナットの1・6弦の溝をトレースアウトします

マークした1・6弦間の幅とマッチする部分を専用のスケールから導き出します

この辺かな

ナットにマスキングテープを張ってマークが落ちないようにしておきます

なにせ、鉛筆でマークするものでして

専用スケールを当ててマーク

これでOKですね

では、ナットファイルを使って弦を張った時に
弦がズレない程度に溝を切っていきます

またまた写真撮り忘れです

仮溝切りが終わったならば弦を張って1フレットとの高さを見ながら
更に溝を切っていきます

かなり写真を飛ばしてしまってます

概ね溝切りも終了、っで何をやっとるかというと
オクターブ調整ですね

1、解放でチューニング
2、12Fの実音と解放12フレットハーモニクスが同じであればOK
  12Fの実音が低ければサドルをネック側へ
  高ければブリッジ側え移動して調整します

おしまいです
本当はもっと正確なチューナーほしいのですが
後で試しにPCでやってみます

本日の作業これまでです
P-90探しの旅に出ます

ってか、明日から仕事じゃあ〜りませんか!
なんかブルーになります・・・

   

次回予告

分かりません!

【戻る】 【ES330リペア】 【次へ】