15_08_14

夏休み間作業を進めていたのですが
夜は宴会やら飲み会やら親父キャンプやらで更新さぼってました
休みも終盤って事で一気に公開いたします

まずはボディーですが
ラッカー塗装後約3ヶ月放置で十分に硬化しています
それでもこれから塗装痩せはすると思います

#2000のペパーで水研ぎをやってしまいます

#2000からはちょっときついですね
なので#1000から始めることにします
じ後、#1500→#2000と進めます

水研ぎ完了

これからバフィングしていきます
なんかランディーローズっぽくなっていますが
コンパウンドを乗せているだけです

コンパウンドは50→7→1ミクロンってな具合で進めていきたいと思います

今回新たに投入した機械力です

以前の安いドリルがお亡くなりになったので調達しました
訳もなく振動ドリルです

取っ手を付けることが出来るので
バフィングするには都合が良いかと思っての調達です

んでもってバフィング完了です

まあこんな感じでテカテカです

キャビティー内はノイズヘルを塗って
ノイズ防止を図ります

なんか、見た目も良いですね

ピックガードも付けてしまいます

左が以前付いていたビスです
ピックガードがピカピカなのでビスも新品を使うことにします

はい、どうでしょう?

ほぼ新品の様になってきました

どれだけピカピカかって言うと

こんな感じですね

バックもこんな感じです

ヘッドはこんな感じ

ノブを取り付け、ブリッジとテールピースを仮置きして
記念撮影です

かっちょえ〜っ!

確かマイケルシェンカーモデルのノブは白かったような・・・
個人的には黒の方が良いと思います

ペグが付いていませんが
オーナーさんにお渡しするときに
ギブソン純正ペグを持ってきてくれるので
取り付けてお渡しします

なのでこれが完成形です

後日オーナーさんにお渡ししました、ライブで使うのが楽しみだと喜んでおられました

【戻る】 【 Gibson V 】