15_05_08

黒とトップコートまで吹きます

白の塗装は完了しました

次いで黒の塗装を施していきます
エッジ部分の木部素地が出ていなければ黒の塗装は必要なかったのですが
結構素地が出てしまったので黒も塗装します

まずはマスキングですね

まあ、こんな感じで良いでしょう

それでは黒を吹き付けていきます
写真は無いですが白と同じメーカーのラッカースプレーです

まずは捨て吹きです

ざらっとした感じで良いです
塗料の乗りも問題なさそうです

本塗り1回目

まあ、素地が黒なので2回も吹けば問題ないと思います

今日も天気が良いので塗装後の乾燥は外に出したいと思います

まず、誰でも一つは持っていると思われるボルトクリッパーです
こいつが一本あると重宝します、出番は少ないですけど・・・

2本あわせの針金ハンガーも簡単に切れます

何に使ったかというと
庭にある物干し竿に引っかける太めの針金がほしかっただけです

既に白部分のマスキングがはがれています
ある程度さわっても大丈夫なくらい乾燥した後に外に出しています

まあ、1日も出しておけばトップコート吹けるくらいまでは乾燥すると思います

翌日です

黒と白の境目の段差を軽く削っておきます
境目の段差があると格好が悪いですからねぇ

さあ、トップコートを吹いて行きましょう

使用するクリアーは経年変化で黄ばむタイプのクリアーです
最近の塗料は性能が良くて経年変化しても色が変わらない物がほとんどらしいです

この塗料は地元の塗料屋さんでやっとこ見つけた塗料です
4Kg買ったのでまだまだたんまりあります

1回目の本塗りです

お、奥にアコギが見えますね
2台同時にトップコート吹いています

それにしても臭気が半端ないのでご近所様に気を遣って吹いています
風向きとか、窓を開けているお宅が無いかとか・・・
色々と大変です・・・

1回目のヘッド裏です

うーん、あれだけトップコート吹く前にサンディングしたのに
塗装面が結構荒れています

2回目のボディートップ

実は白黒を塗ったときに薄々感づいていたのですが
塗装面が荒れるのは元々塗装してあった塗料が収縮して荒れているようです

それもピックガードが付いていた部分は荒れていないんですよね
おそらく紫外線等による塗装の変質が原因なのでしょうか

いずれにしても硬化が進んだなら軽くサンディングして
トップコートを繰り返さなければならないようです
時間がかかりそうです・・・・

こんなところにもダメージが・・

ストラップピンの穴にふたをした部分です
白を塗ったときは何でもなかったのですが
なぜでしょう・・・・

外に出して直射日光に当てたわけでもないのですが
中の空気が膨張して塗膜を押し上げているような感じです
まあ、リカバリー可能なのでこのまま放置しておきます

今日も天気が良くて我が家の芝桜は満開

とても良い香りがします

これなんだか解ります???

北海道では良く食する山わさび(西洋わさび)です
こいつの根をおろし金ですって醤油を垂らし
熱々のご飯の上にのせていただきます

おろすときは目を開けていることが出来ません
タマネギなんてもんじゃないです!!
生物兵器に近いですね、でも旨い!

去年植えたので来年あたり収穫です

 

次回予告

更にトップコートの重ね塗りです

【戻る】 【 Gibson V 】 【次へ】