15_05_01

まずは各パーツ類を外していきます

とりあえず正真正銘ギブソンVですね

なんと神々しいではありませんか・・・・・

じゃ〜ん!

何年モデルかは不明ですが
かなり年紀が入っているように見えます

各金属パーツ、特にビスはさび付いている物が多く見られます

打痕を付けると大変なので
敷物も毛布に変更です

早速各パーツを外していきましょう

こいつはテールピースのスタッドを抜いているところです

意外と簡単に抜けました
こいつを抜かないとアース線が抜けません

伝送系はストラトのようにピックガードにボルトオンされているので
テールピースのスタッドさえ抜いてしまえば
一切合切取り外すことが出来ます

完全に抜け殻状態ですね

それではサンディングしていきます

ボッシュのランダムサンダーに#400を付けて様子を見てみましょう

とりあえず軽くサンディングした後です

塗装の種別は見えないところにラッカーシンナーを垂らして確認済み
間違いなくラッカー塗装です

こういう打痕はパテ埋めしないと消えないですね

エポキシ系のパテで処理した後です

この程度の打痕ならサンディングシーラー原液タッチアップで消えると思います

いずれにしても小さな打痕がかなりあるのでしんどい作業です

目を皿にしてパテ埋めとタッチアップを繰り返します

タッチアップとパテ埋めとサンディングを繰り返します

ペーパーの消費も半端ありません
#400番無くなってきた・・・・

ペーパーは何時も大人買いです

あらあら、ストラップピンの穴が2カ所も・・・

ギターを預かった時には左側の穴に付いていたので
右側の穴を何とかせにゃいけませんね

まずはダボ用の凸ドリルで穴を広げます

こんな感じです

次いでふたを作りましょう

マホガニーの突き板から切り出します

後は木工用の瞬間接着剤ではめ込みます

はみ出た部分をカットして完了

この部分は白の塗料が乗る部分なので
このままだと透き通って色目が変わってしまう可能性があります
一応、黒のステインで染色しておきます

材料が足りないのでジョイフルAKでいろいろと調達しておきました

白と黒の2mm厚のアクリル板
白はかなり大きめでお値段もかなり高め
白と黒のラッカースプレー
ランダムサンダー用のペーパー
エポキシ系のパテ
アクリル用の接着剤等々

トップコートのクリアーはギター用ラッカーを使う予定
専用のシンナーが無いので調達しなければなりません

エポキシ系のパテは肉痩せが無いので
使いやすいです、硬化も早いですしね

マイケルシェンカーモデルの白黒ツートンピックガードなのですが
一応Ebayやyahooで調べても販売されていません
こいつだけはネットで手に入れようと思ったのですが・・・
それにしてもV用の単色以外のピックガードって高いんですねぇ
作るしかないです

かといって今ある白のピックガードに塗装しても
こすれて色がはがれてしまうのは目に見えています

さあ、どうしましょう
とにかくピックガードから電装部品をすべて外します

あっという間に取り外し完了

端材の6mmMDF板から型を切り出します

粗方ラフカットしたならばピックガードを元にコロ付きビットで
切り出していきます

粗方ピックガードのジグが完成しました
これでも結構時間かかっているんですよ・・

これを元に白黒のピックがーを新たに作ろうっちゅう魂胆です

問題は白黒のアクリル板を上手く接着することが出来るかどうかです

これは初めての試みなので
全くもって上手く行くかどうか予想が付きません

失敗すれば大打撃です
アクリル板って結構高価なんですよねぇ

まずはアクリル板をラフカットします

バンドソーのブレードを交換したばかりなので
本当は木以外の物は切りたくないのですが
手作業で切っていては時間がいくらあっても足りないので
背に腹は代えられません

泣く泣くバンドソーでカット!!!

ラフカット完了です

これは裏面ですね
接着面の段差が出ないようにガラスの上で作業します

表をマスキングテープでしっかり固定して
裏側から貼り合わせる部分に接着剤を垂らしていきます

接着剤を垂らす部分も余計な部分に接着剤が乗らないように
ごらんのようにマスキングしておきます

接着剤を垂らしたなら
ずれないように裏面からも固定しておきます

しばらく放置ですね
上手く付くと良いです、あまり強度は期待できませんけど・・・

ある程度時間をおいてから
ジグを元に更にラフカット完了です

これも泣く泣くバンドソーでカットしました
後ははみ出た部分をコロ付きビットでなぎ払っていきます

表はこんな感じ

何とかアクリル板は付いている用です
早々にはみ出た部分をなぎ払っていきましょう

これはストレートのビットでなぎ払った後の写真

今度はエッジ部分を斜めにカットするために
ご覧のビットに変えて削っていきます

そもそも、木をカットする物なんですけどね

さあ、どうだ!

エッジ部分も斜めにカットされて良い感じです
ネックの付け根とピックアップが付く部分はストレートのままです

はあ〜っ、しんどい
ピックガードの型取りからここまで
7時間ほど経過しています
やっぱ、高くてもネットで手に入れた方が楽だったかも・・・

一応裏面からのショットです
それらしくなってきました
表部分は余計な傷を付けたくないので
マスキングテープを貼ったままです

朝7時から作業を開始して現在夜の9時
今日はこの辺でやめときます

次回予告

白黒の塗装に入ります

【 Gibson V 】 【次へ】