12_05_01

室外機カバー作成

昔作ったエアコンの室外機カバーです
ご覧のように朽ち果てる寸前、内側も腐っています
毎年とは言いませんが結構メンテナンスしていたのですが
10年が限度でしょうか?
なにせ安物のウッドステイン塗ってましたからね

っと言うわけで物置にある材を使って新調しましょう

いきなり前面部です
枠は2×4材を半分に挽き割って使っています

格子部は木蔵さんで購入したブナの板です
厚さは6mmくらいでしょうか
ラティスのようにただ組むのではなく
編み込んでみました

この写真実は仮組でして、釘とか一切使っていないんです
格子部のテンションだけで組んだ形を維持しております

これだけ湾曲していますから
かなりのテンションが架かっています

それにしても木の曲線って美しいですね

サイド部分を組み込み完了

工房を作ったときに使った羽目板のあまりを使ってみました
まあまあ、それなりにOKかなぁ〜

この段階で天坂のことは全く頭にありません
適当に貼り付けてしまおうと思っていましたから

天坂は1×4材を製材して組み込みます
うっ!上の骨組みに天坂用の溝を掘るの忘れています
一度はずして彫り込みましょう

わお!、かなり写真が跳んでしまいました

完成しております・・・・・・・・
すっかり写真取るの忘れて没頭してしまいました

それではスペックです

全面部分の格子材を除いて全て余っていた材です
2×4材、1×4材、羽目板

前面格子部分はブナ材

防腐剤は「キシラデコール」:日本エンバイロケミカルズ
かなり高価な防腐材です
昔作った屋外用ダストボックスに使った余りです
これ、良いですよ!
「ガードラック」:和信科学工業 よりもほんの少し安めです
(ホーマック価格)

雑ですねぇ〜
これがギターだったら
段差もカンナでしっかりと平滑にするところなのですが
気にせず塗装しています

コースレッドの頭は一応隠していますけどね

内側もしっかりと塗装しておきます

10年は耐えてもらわないと困ります!

天坂には飾りの板を装着!

奥にに見えるデザインウォールの上部を意識して作りました
まだ塗装が乾いていませんね

早々に装着しましょう

わくわく

おお、良いんじゃないですかぁ?

以前作ったカバーは作りがかなり雑で、重量も激重でした
今回は作りは丁寧に、必要最小限の材で
っと言うことでかなり軽くできあがりました
塗装が乾いていないのでギラついていますが
乾くとマットになって落ち着いた雰囲気になると思います

この程度の物でも、ホームセンターで買うとそこそこのお値段ですよね

格子部分の曲線美、何度見ても美しい・・・・・

お払い箱になった残骸

今日も朝から良い一日でした

満足・・・

トップに戻る