10_07_23

バーストかけます

まずは、染色の上にサンディングシーラを塗ったボディーを軽くサンディングします
わずかな、ピンホールも見逃してはいけません
塗装に仕上がりに影響が出ますので徹底的に確認します

トップ側から先にやりましょう、理由ですか
ありません、何となくです、早くバーストした様子が見たいからでしょうか?

とりあえず、マスクします
バインディング部にピンストライプ用のマスキングテープでしっかりやりましょう

老眼鏡かけないと境目が見えません・・・・・

ヘッド部分もご覧のようにマスクします

バーストに使用するステインです
これは、アクリルウレタン用のステインですね
染料に近い顔料です

褐色(見た目は濃いアンバー)にレッドを加えて少し赤みかかった濃いブラウンを調色します
この段階ではクリアーの塗料はまだ入っておりません
この後、2液式のクリアーをほんの少々加えます、少々です
更にシンナーで希釈して、更に更にリターダーも少々加えて
若干乾きを遅くします
バースト部分の境目がざらつくので、それの防止です

ぼかし剤ってのもあるんですが
今回はリターダー使ってみます

バースト用の塗料完了です

さすがにヘッド部分のバーストは1mmのガンでは厳しいので
0.5mmのブラシでやることにします

コンプレッサーも豆コンプ使います

あと、忘れちゃならないのがこいつです
防毒マスク!
塗装用の防毒マスクです、こいつがないとラリッてしまいます
体に毒ですのでしっかりマスクしましょう

ヘッドのバースト完了です
結構濃い色になってしまいました
イメージとしてはもう少し薄く使用と思っていたのですが
思ったより塗料が濃かったですねぇ

まあ、これで良しとします

次はボディーです

はい、トップにバーストかけて
色を抑えるために薄いクリアーを吹いた後の絵です
まあまあ、こんなモンでしょう
少し納得いかない部分はあるのですが

妥協

トップ塗装から4時間後
こんどは、バックを黒く塗ります

それにしても作業が早いです

2液式ウレタン最高です

ラッカーとウレタンの音の違いですか?
素人の私にははっきり言って、全く区別尽きません!

調色は黒とブランを少々です

うーーーーーん
黒すぎた・・・・・・・・・
でも素人なのでOK!!!!

本格的にクリアーを載せる前にヘッドにロゴを入れます
作り置きしておいたデカールをネックのジグに合わせて位置を確認

ぺたりと転写して
OK!

なんかアラビア文字に見えます

最初は軽く吹いて
エアーを当てて乾かしつつしっとりとするまで吹きます
一気に吹くとシワが寄ってしまいます

んじゃ、ボディも本格的にクリアーかけていきます

1回目のクリアー終了
良く解りませんねぇ
完全に硬化する前に2度目を吹きます

2度目終了
違いが全く解りませんねぇ〜〜〜

虎目は更にはっきりしてきました
美しいです・・・・・・・・

明日は更にクリアーのせていきます
今日は宴会なのでこれでおしまいです

平日なのに仕事しているのって?
昨日夜勤だったので朝からやってます、はい

ちなみに
これが本家 EVH wolfgang です

本家のほうが若干赤みがつよいです
レプリカではないのでOKです!!!!!

次回予告

更にクリアーをのせます

【戻る】 【アーチなウルフガング】 【次へ】