11_05_08

GWも終了、札幌へ戻らなくてはいけません!
とりあえず本日までの成果、クリアーのトップコートまで進みました

まずは先回までの成果の確認を

トップの素地染色と全体のサンディング吹きまで終了しています
久しぶりにお日様が出たので外で撮影しました

サンディング吹きっぱなしの状態です

ナチュラルカラーでも雰囲気があって良いですね
でもサイドバックは着色します!
赤味の強い飴色でシースルー着色をしたいと思います

まずはサンディングする前にエスカッションのアーチをやっつけます
サンディングかける前であればかんり雑に扱ってもOKです

所持しているエスカッションがフラットトップ用の物しかありません
アーチトップ用の物もこの個体に合うかどうか解りませんから
現物合わせでキッチリ整形します

こんなにアーチになっています

やり方はいたって簡単で
ボディーに#240くらいのペーパーを敷いて
エスカッションを前後にこするだけです
超簡単、単純、正確!!

はい、完成

簡単ですねぇ

それではサンディングしていきましょう!

ペーパーの番数は#400→#600→#800
の順番でかけていきます

はい、完了!

この作業も全体をやると結構時間かかります
着色及びトップコートの最終段階ですから
仕上がりに影響しますので
念入りに且つ丁寧にやっておきましょう

 

トップもご覧のように完全にマットな状態です
杢の具合が良く解りませんね
でも心配ありません!トップをコートすれば浮き出てくるはずです

んでもって、やりすぎてしまいました (T.T)

後でタッチアップしてごまかしておきます

着色する前にもう一仕事ありました!

コントロールキャビなのですが
使うポッド類はスチューマックのセット物を使います

このポッドはシャフトがショートタイプなので
このままではシャフトのネジ山が表まで出ません
しかもザグリ部分の底がフラットなので
ノブも表のアーチに対して水平にしか付きませんので
ザグリ部分に手を加えましょう

フォスナービットで表のアーチに合わせて
ポッドのネジ山が出るくらいまで斜めに薄くしていきます

結構薄くしました

深さと角度は良いのですが
ポッド端子部分の基盤が収まらない状態です
更に彫刻刀やら何やらを使って加工していきます

かなり雑な仕事になってしまいましたが
これでOKです!

電伝導塗料を塗るので少し大きめに加工しておきました

シャフトの出具合も表のアーチに対してほぼ直角に出るようになりました
これでノブを取り付けたときにアーチに沿った自然な感じになります

OK!

サイドバックの着色準備です

バインディングを境にして着色しますので
まずマスキングテープできっちりマスクをします、黄色いテープ部です

その後ビニール付きマスキングテープで
トップ全体をマスクします

全体的にはこのような感じです
マスクの浮きは後々致命傷となるので
マスクの状態をしっかり確認してから着色します

ヘッドもご覧のとおりです

一応塗料がかかった場合のことを想定して
マスクは二重に貼っています

それでは着色していきましょう

ネックを持って最後まで着色することが出来ないので
この状態で塗装します

以下、塗装風景省略・・・・・

サイドバック及びネック裏の着色完了です


雰囲気が俄然レスポールになってきました
マホガニーの杢の出具合も良いです

1日放置してトップコートを吹いていきます

それではトップコートのクリアーを吹きます

まずシリアルナンバーをヘッド裏に付けます
表にはトレードマークの羊スカルしかありませんから
さりげなくsheepgangの文字も入れておきます

今度ばかりは全体に塗料を吹きますので
サイドバックの時のように塗装することが出来ません

ご覧のように天井から吊っての作業となります

それではトップコートの塗装開始!

塗装風景省略・・・・・

塗装直後の風景です

わお、すごいことになっています
防塵(防毒)マスク無しではマジやばいです

表も良いようです

中の空気が澄んできたところで再度撮影です

うん、良いですね
これでトップコートを3回吹き付けています

表の杢の出具合も問題なしですね

色合いについてはスラッシュモデルにかなり近いと思います
後はしばらく放置して、塗装をしっかり硬化させましょう

GWの作業についてはここまでです!

次の作業は5月末になると思います、帰ってこれればの話しですが
自宅に戻った際には爆発的に作業を進めますのでこうご期待!

以下、木蔵さんネタです

これは????
道産木のカエデです
なにやら、木の皮がむけている部分に凹みが見えますねぇ

そうです、バーズアイです

上の写真の原木ではありませんが
仕上げ25mm強にに挽き割ったバーズアイですねぇ
25mmってことはネックOKです!!

乾燥に時間がかかるので2年ほどかかるらしいです
今から良い物にツバを付けておきます

ふっふっふ・・・・・

手前に見える短めの材は全部バーズアイです

壮観です!!

乾燥後が楽しみです

こいつは赤エゾマツですね

アコギ用の高級ギタートップ材です
この材も最近では滅多に市場に出ることが無くなったそうです

貴重な材ですねぇ

更に、以下Nさんネタです

これはNさん制作途中の3作目、トラベルギターです
バックパッカーにカッタウェイを付けたようなフォルムですね

第2作目も似たような作品を制作されています

この材はたぶんニレです

木目が美しいですね

ヘッド部分も手が込んでいます
異なる材(カエデ)を表面だけ挟み込んでいるようです

指板も派手です

指板です、道産木のカエデのカーリー

ポジションマークは縞黒檀の黒い部分を使っているそうです

ボディーの中もしっかり作り込んでいますね

素晴らしい!!

ボディーバックも同じ材で作っています

自分の気に入った材を使い、オリジナルなギターを作る
まさに自作の醍醐味です

私も見習わなければなりません

できあがりが楽しみです♪

【次回予告】

ボディーのバフィングです

【戻る】 【レスポールスタンダードレプリカ】 【次へ】