11_01_04

ネックを削ります

まだまだ正月気分です
今日は午前中に木蔵さんの社長と奥様が来られました
こんなお土産まで持って・・・・
そりゃ、飲みますよ、誘惑にめちゃくちゃ弱いですから
瓶の中は濁り酒、瓶の銘柄とは関係ないそうです
日本酒と言ったら湯飲み茶碗と決まっています
あえてこのような湯飲みをチョイス
違いの解る男は小物にもこだわります!
なんて贅沢なのでしょう、高価な材のテーブルに
昼から酒、至高の一時です

さて、飲んでばかりいられませんので進めます
ご覧のようにネックをセットして
鋸ヤスリでゴシゴシ削ります

もう、大汗かきました
半袖一枚で作業進めます

概ね削り終えました
って、よくわかんねぇ〜

これなら少しは解りますかね

もう一丁
本当に荒仕上げです
素手でなでるとささくれが刺さりそうなくらいです

サンディングブロックで直線を出していきます
付けているぺーぺーは#80です
それにしても良く削れます
メイプルだとこうは行きませんね

微妙なカーブラインは素手でやっつけます
完全に勘に頼ります
Mくん所有のGIBSONをイメージしながら
やっております
この後ペーパーを#180〜#240〜#320に変えて進めます
一気に番数上げると傷がなかなか取れないので
面倒でも徐々に番数上げた方が結果的に早いですね

途中経過、#120で仕上げた写真です
どんどん進めましょう

#320で仕上げたところですね
まずまずイメージ通りに行きました
もう少し修正しなければなりませんがとりあえずOKです

昨日写真を取り忘れたので
ボディーに次ぐ部分を載せておきます
16フレット以降、指板下部分の加工が面倒くさかったです
何せ全て小刀と鑿で削り出しましたから

ひっくり返してもう一枚
ボディーとのネックエンドとの付け根の部分は
少し余裕をみて残してあります
ボディーの加工が終わったならば現物合わせで
しっかり削りたいと思います

実は今日のネック作業は夕方から始めました
それまで何をやっとったかと言うと
道産ストラトの2本目のネックを作っていました
指板まで貼り終えてからレスポールのネック作業に移りました
ストラトのネック制作過程は既に紹介しているので
ほとんど写真は撮っておりません
来週にでも道産ストラトの方を更新しようかと思っています

本日の作業終了

ご覧のように瓶が転がっております
狭い工房にこんな物が転がっていると危ないです
酒も無くなったので終了です

【次回予告】

道産ストラトがかなり遅れているのでそちらの方を少し進めたいですね

【戻る】 【レスポールスタンダードレプリカ】 【次へ】