11_01_03

新年早々色々やりました

新年明けましておめでとうございます
何かと突っ走ってきた1年でしたが、今年も突っ走ります
よろしくお願いいたします

さて、レスポールに使うマホガニーです
この面は裏にしようかと思っております
ホンジュラスではありませんが
美しいリボン杢が出ております
確かAAで注文したのですが
こいつは当たりです

こちらがトップ材を貼る面です
上の写真よりはリボン杢出ていません
っで、何をやっとるかというと
トグルスイッチからコントロールキャビまでの
ワイヤリングを通す穴(溝ですけど)を加工しているところです
図面では14mm掘り下げろとかいてありましたので
指示通り掘り下げます

トップ材です
下の方の色目が異なるところが残念です
やはりブックマッチの方が良いと思います
残りの材は全てブックマッチで木取りしたいと思います

まずはバンドソーでラフカット
やはり、色目が違うの気になるなぁ〜
まあ、なんとごまかしましょう

ボディーのジグを貼り付けて
なぎ払いビットでさくっとやっつけます

はい、完了
トップを貼り付けた後は
このトップ材をガイドにしてボディーを削っていきます
トップ材の接着は後日にします

ボディーからネックに作業を移します
ネック裏をスライスして粗方形を整えていきましょう
バンドソーでマスキングテープの部分までそぎ落とします

とりあえずこんな感じです
形もネックらしくなってきました

ボディーに組み込む部分もカットしておきます
4mmほど薄くします

本当はこの作業は指板を貼る前にやっておくべきでた
この部分のカットはまだ機械力で出来ますが
ボディーに指板が乗っかる部分は縦方向に若干細くしなければなりません
指板が邪魔です・・・・・・
まあ、手作業でちまちま削ります

はい、こんな感じです
まずまず設計図通りに進んでおります

これは何をやっているかというと
トップ材をカットした余りで
ヘッドストックの突き板を作っているところです
なにせ高価な材ですので使える部分は出来る限り活用します
エコです

約2mmに挽き割ります

直角にセットしたガイドとバンドソーの間隔はこんくらいしかありません
しかもバンドソーの限界80mmの厚さです

なかなか切れませんでしたけど
ゆっくりゆっくり進めて行きました
とりあえず3枚作っておきます

んでもってやっぱりこれです・・・・・
暮れから飲みまくっております
しかも本物のビール様です
我が家では滅多にお目にかかれない貴重は酒であります
(実家からぱくって来ました

はい、例の機械を入れられない部分を手で削っております
ボディーにのっかる指板部分ですね
小刀を使ってちまちま削ります

この後概ね削れたのですが
写真取り忘れです

ネック裏のサンディングです
ネックの厚さも概ね出しておきます
後は丸みを付けて完了でしょうか

っと思いや、やっかいな作業が・・・・・
そうです、これです
スクレーパーでも行けるんですが
時間が掛かりそうなので小刀で粗方カットしているところです
それにしても時間が掛かる・・・・・
酒がいくらあっても足りません
既にかなり出来上がって来ています
なんかありがた〜い気分になっております

 

ふぅ〜
飲み過ぎです!
この状態でこれ以上作業を進めると間違いなく指切ります
危険と判断して本日の作業中止!

マジで酔っぱらってるんですよ、はい
何せ正月ですからOKでしょう!(いつもです)

 

【次回予告】

札幌に帰る前にボディーのトップ材くらい貼って行かなければ・・・・・

【戻る】 【レスポールスタンダードレプリカ】 【次へ】