10_12_26

ネックの続きです

先週の日曜にやった作業をアップしていなかったので
その続きからです

まずはヘッド突き板の接着が完了です
まだサンディングが必要ですね

若干ヒビが入っておりましたので
木工用瞬間でヒビを埋めつつ、サンディングした粉を振りかけて
溝を完全に埋めましょう

はい、こげな感じです
真っ黒じゃないけど良い感じです

横のはみ出ている部分をなぎ払いビットでカットしました
結構厚いですね、2mmほどあるでしょうか

んでもってエボニーの指板をのせてみます

・・・・・・・う〜ん
なんか変だなぁ・・・・・
指板も縞黒檀の方が良いかも

レッツゴー木蔵さん!!

木蔵さんに到着
早々にスポルデット発見!
以前は暖房用に燃やしていた材ですねぇ〜

カーリーフレームの柱???
見事な杢が出ています
こいつも丸々1本買ってしまうのか?

うふふ、指板やらネック材やら楽しみです

更にバーズアイです
以前購入したバースアイよりも
鳥目が小さくて品があります
こいつも指板用にキープしてもらいます

以前アイ木さんから購入したバーズアイの指板AA〜AAAに匹敵します
ちなみにアイ木さんAA価格1800ゴールドでした
現在品切れ中みたいですね、やはり貴重な材です

んでもって、購入してきた縞黒檀です
真っ黒よりこちらの方が自然な感じです
これに決定!

とりあえず、軽くサンディングしときましょ
立てに装備されたクランプが重宝します

でもって一番嫌いなフレット溝掘り
スケールはミディアムの628mmです

やはり飲まにゃ〜やってられません

とりあえず溝掘り完了です
マスキングテープを貼っている部分が指板になる部分です
ネックサイドのバインディングを考慮して
0フレットが41mm、22フレットが56mmです
できあがりは両サイドに1mmのバインディングが張りつきますから
43mm、58mmになります

余計な部分をバンドソーでカットしましょ

バンドソーでカットしたならば
直線出しをしておきます
合わせて幅もキッチリ調整しておきます

0フレット41mm、OKです
(22フレット撮影省略)

一応設計図に載せてみます
ビンゴですねぇ

フレット溝もOKです

んじゃネックにのせてみましょう
やはり縞黒檀の方が良いですねぇ

【次回予告】

ヘッドの形状を整えて行きます

【戻る】 【レスポールスタンダードレプリカ】 【次へ】