14_01_18

トラブル続きでしたが、一応何とか完成です


デジカメが無くては記録を残せません
札幌での生活費を削って新たなデジカメ買いました

上が洗濯してしまったカシオのEXILIM
下が新調したキャノンのIXY

購入のポイントは1cmマクロモード搭載であることです

使ってみてわかったのですが
30cmほど寄ってフラッシュをたくと
突き出たレンズの影が画像の右下に写り込みます

ショップでかなり試写したのですが
そこまで気が付きませんでした

とりあえず今後頑張ってもらいましょう

ちなみにこの写真を写しているデジカメは
娘のFINEPIXです

まずは全貌を

サイド・バックはマホガニー
トップはスプルース
ネックはマホガニー
指版はローズウッド
ヘッドストックの付き板とブリッジは縞黒檀
ポジションマークは白蝶貝

ってなところでしょうか
今回はヘッドにもボディー内側にもロゴはいっさい入れていません
ピックガードも付いていません、シンプルイズベストってことで

とりあえず手元に音が鳴るアコギがほしかったってことです

ボディーバックです

塗装はオイル仕上げなのでテカりはありません
リボン杢が美しいですね

んじゃ、細部を・・・

ヘッドですね
ペグはゴトーです
トラスロッドの調整口のコントラストが気に入ったので
トラスロッドカバーは付けませんでした

ナットは無漂白のオイル漬けしたバッファロー骨

フレットワイヤーはスチューマックのミディアムミディアム
エッジは球状の仕上げています
ポジションマークはベトナムから輸入した白蝶貝
ロゼットとパーフリングは大和マークさんから購入
バインディングは木蔵さんから購入した
メイプルを挽き割って加工しました

ボディー内に見えているブレース関係も全て木蔵さんから購入したスプルースを加工して使っています

指版はサウンドホールにあわせて丸めました

理由は・・・・そのときの気分です

んでもって一番気にくわないブリッジ部分

ブリッジを厚めに作り直したのですが
それでもまだサドルが高めです

これさえなければ完璧だったのですが・・・
まあ、良い勉強させてもらいました

あ、ブリッジも木蔵さんから購入した縞黒檀です

ブリッジ部分のアップ

ブリッジピンは大和マークさんから購入
プラスチック製ですがドットはアバロンです

サドルもナットと同様ベトナムから輸入したバッファロー骨です

お尻の部分です

まあ、特にコメント無し
ストラップピン付けてません

サイド部分ですね

サイドもリボン杢が良く出ています

ネックのヒール部分です

ここにも木蔵さんから購入した縞黒檀が使われています

んでもって新調したデジカメIXYの真骨頂!?

1cm接写で撮影してみました
うーーーん、ぼろが出るのでこれ以上接写するのやめとこ・・・・

なにはともあれ自分なりには完成です
制作に1年以上を費やしてしまいました
普段弾きができるアコギが出来てうれしいです

いろいろ失敗もありましたが
もう一本作ります!今度は完璧に仕上げたいと思います

アコギ難しいです!!!!

 

14/01/18 一応完成

【戻る】 【Herringbone Dreadnought】