13_05_02

とにかくトップ材を仕上げていきましょう
GW3日分を一挙公開


木蔵産から購入したスプルースです長さが1mあります
何本かあった中から柾目が垂直な物をチョイスしました
年輪も濃密です

ア●チ木材さんのブレース材と比較すると容積が3倍以上、お値段は・・・・内緒です。

とりあえず長さは1mのままご覧のサイズで切り出しました

トップ材にブレースには十分すぎるほどあります
この後ベルトサンダーで軽くサンディングしてブレースを貼り付けていきます

あっ、ちなみにやり直しのバック材も進めています
行程は紹介済みなので略!後ほどダイジェストで

ブレースの位置をトレースするのにサウンドホールが空いていないと今いち分かり難いのでサンドホール開けから始めます

スチューマックのサークルカッタージグ持っているのですが、ドレメル純正サークルカッタージグを使って開けちゃいます

まずは1mmほど・・・・・

徐々に深さを深くして3回ほどで開けます

はい、貫通

エッジのサンディングも既に終了しております

んじゃ、トップの裏にブレースの位置をトレースしていきましょう

まず、センターラインに定規を固定して水平の線は差し金を使ってトレースしていきます

次いでXブレースの線をトレースしていきましょう

まず、図面にXブレースの線を延長しておきます
トップ材を図面にしっかり合わせて延長した線を利用してトレースしていきます

その他の斜めの線も同じようにしてトレースアウトとしていきます

はい、トレースアウト完了

ちょっと見にくいですかね

これはどうだ?

このラインに合わせてブレース材を貼り付けていきます

とりあえず借り置き

なんかクールです、んじゃガンガン進めましょう

まずはXブレースの組み込みから始めましょう

図面に合わせて交差する部分の線をトレースします

概ね半分までノコで切れ目を入れます

組み込んだときにブカブカだと格好悪いので少し狭めにカットします
使っているノコはアサリのないタイプのノコです

切り込みを入れたならばデザインナイフを使って綺麗に切り出していきます

とりあえず半分終了、組み込んでみた感じもぴったりです
角度も良いようですね

もう半分同じ要領でやっつけてしまいましょう

はい、Xブレースの組み込み部完了です

早々に一番上の部分のブレースから貼り付けていきます

幅広で薄いタイプのブレースですね
このブレースはラウンドしていないので何も考えずクランプしていきます

サウンドホールの上(写真では下ですけどね)の部分のブレース2本接着完了です

二本ともランド無しのストレートです

さあ、いよいよXブレースの貼り付けです、っと言ってももう少し加工が必要です

Xブレースの接着面がラウンドしているのでベルトサンダーを使って削っていきましょう

2本とも同じラウンドなので両面テープで2本張り合わせて同時に削っていきます

削っては図面に合わせて確認の繰り返しです
やっとこ図面と同じようにランドさせることが出来ました

圧着した時にニュルッとずれないように木片を瞬間接着剤で貼り付けてブレースずれないようにしておきます

この程度ならば後から簡単にはずせます、ずれ防止には十分です

まずは1本圧着

実はブレースを貼り付けるときに使う凹状のジグは持っていません
準備したブレースの接着面は凸状にラウンドしていますが反対側はフラットです

つまり、トップの裏側は少々厚い材を使って押さえます
んで持って表側↓↓↓です

表は凸状にラウンドするので6mm厚のMDF板を使ってラウンドしながら圧着できるように工夫してあります

こんな感じです

解りにくいかもしれませんが、MDF板の面が撓んで凸状にラウンドしています

上(裏側)の面は押さえ木が厚いのでフラットです
この要領でランドしている全てのブレースを圧着していきます

とりあえず屋根からぶら下げて乾燥です

トップ材に手が付けられない時間はバック材の作り直しに充当しています、略ですけどね

はい、乾燥完了

表のラウンド具合を確認してみましょう
結構ラウンドしていますね、OKです

この調子で2本目のXブレースも圧着していきましょう

はい、この状態でまた乾燥

2時間待ちです

さて、写真はモーリスジャンクのXブレース部分です

さて、私のやり方だとこの交差している部分の削り込みはかなり厄介なはずです

モーリスはどのようになっているのでしょう???

白い絆創膏みたいな物をはずしてみましょう

うーん、やはりか・・・・・

クロスした部分の加工が雑です
まあ、見えなくなるので問題は無いんですけどね

ここは一つこだわって作り込んでいきましょう

2時間経過

Xブレースも張り付きました
この他のブレースを付けてしまうと加工しにくくなるので
とりあえず貼り付けたブレースだけでも加工していきます

まずはサウンドホールの上の2本です

幅が狭くて高いブレースからやっつけます、使う鉋はご覧のような鉋です
鉋の刃の部分が丸く凹状になっている鉋です、こいつを使って粗方丸みを付けていきます

まあ、こんな感じで適当に削っていきます

粗方削り終えたならば金属製の豆鉋を使って少しずつRを滑らかに仕上げていきます

最終的にはサンドペーパーを使って仕上げです

ペーパーをかける前の写真ですね

これだけ丸みを付けられればペーパーかけが楽ですね

はい、完了

今度は薄い方です

豆鉋だけでRを付けていきます

サンディング完了

さあ、いよいよXブレース部です

まあ、基本的には同じ要領で削っていきます
少しロケットのように先端が鋭くなっていますね

問題はXのジョイント部分の仕上げです

とりあえずこんな感じで仕上げてみました

少しチップしているのが残念です

さあ、図面を確認してみましょう

Xブレースのジョイント部分から左半分です
波形の凹面加工が2カ所、厄介ですね

んで持って右半分、今度は凸面加工です

とりあえず鑿1本で勝負してみましょう

凸面部分はガンガン行けます、鑿の切れ味も手入れしただけあって抜群です
美しく削ることが出来ましたOKです

どのくらい凸状にラウンドしているかというと、このくらいです

手前より置くのブレースの方が解りやすいかもしれませんね

エッジもシャープになっていて削った感があります

さて、今度は凹面の端の部分です

まあ、この部分もそれほど難しくはありませんね

問題はこの部分、上から下、下から上と必ずどちらかが逆目になるので半分ずつやらなければ美しく仕上がりません

とにかく慎重に進めましょう

なんだかんだ言って、削り終えました

結構時間かかりましたよ、何せ初体験!!
かなり良い感じに仕上がっています

ちなみに削り込む前と後ではタッピングした時の音がまるで違います
明らかに音程が高くなり、音が響くようになりました

サウンドホールの上のブレースも仕上げます

それにしてもかなりごついですね、ほぼ図面とおりです!

Xブレースの下の部分にある、少し妙な角度で付いているブレースの加工です

こいつも接着面がラウンドしているので図面に合わせて削っていきます
要領はXブレースの時と同様です

図面によると、このブースはXブレースに少しめり込むようになっています

仕上がったXブレースにこのような切り込みを入れます
デザインナイフを使って切り込みました

この切り込みに妙な角度で付くブレースが↓↓↓になるわけです

まあ、合体ってところでしょうか

んじゃ、このブレースも貼り付けていきましょう

例によってズレ防止を施します、先端は切り込みにはまるので必要ありませんね

本日何回目のクランプ作業でしょうか

ちなみに本日は5時起床、6時作業開始でした
かれこれ12時間ほど作業しております(昼飯含む。)

先端部分も良い感じですね、2時間放置!

2時間経過、もう一本もクランプ

既に20時を回っています

もう一作業しておきましょう

この材は工作からいただいたインチの木工用ドリルセットを固定してあった端材です

なんとキルトメイプルです、普通の人なら速攻で捨てていた所ですね
んで、何に使うかというとブリッジの裏側に貼り付ける材です
図面によるとメイプルを使えとなっていますので、見えないところではありますがこいつを使うことにします
まさに男気!!!!

採寸してカットしたならば豆鉋でエッジを落とします

それにしてもこの豆鉋良くきれます、刃の出具合を調節するのが難しいですが切れ味は抜群、お勧めです

確か、600ゴールドくらいです、たぶんホームセンターにあります
刃は消耗品で、替え刃もあります

んで持って、クランプ!!

ふぅ〜、とりあえず今日はこのくらいにしてやるか!

オマケです

切り出したブレース材の余りが結構な量なのでケースを作りました
っと言っても長さ1m、直径75mmの塩ビパイプにフタを付けただけです

この手の材をまとめて置くには良いですよ
1000ゴールドくらいで作れます

ちなみに製図ケースでは短くてNGでした

もう一発

最近クランプが増えてきたのでクランプ置き場を作りました
これで目をつぶっていても取り出せます

同時進行していたバック材やり直しをダイジェストで

 

 

次回予告

トップのブレース仕上げます

【戻る】 【Herringbone Dreadnought】 【次へ】