11_12_03

ボディーのバフィング、ワイヤリング、そして出来ちゃった!


2週間ぶりの帰宅
久しぶりに朝から気合いを入れてガンガンいきましょう

以前に作業した分も含めて一挙公開です

まずはボディーのバフィング準備です
キャビティーにマスクをして
ボディーを水研ぎしていきましょう

 

表もしっかりマスクしておきます

サンディングブロックに#800の水ペーパーです
食器洗剤を少々混ぜた水を使ってサンディングいたします

サイド部分はブロックが使えないので
こんな感じでやっております

#800
 ↓
#1000
 ↓
#1500
 ↓
#2000っと進めて完全にマットな感じです

この後は50ミクロンのコンパウンドを使って
バフィングしていきます
使う物はスポンジバフです

#2000で仕上げても
かなりの傷が付いていますから
完全に傷を無くします

何分ほどやったでしょうか
ドリルにかなり無理をかけているので
かなり熱くなっています

とりあえず表も裏もサイドも概ね傷が無くなりました

ここから
7ミクロン(スポンジバフ)
 ↓
1ミクロン(スポンジバフ
 ↓
0.2ミクロン(羊毛バフ)
 ↓
0.02ミクロン(羊毛バフ)
の順番で仕上げていきます

結構時間かかります

さて、最後の0.02ミクロン羊毛バフでの仕上げです
この段階でもかなりテカっていますが
0.02ミクロン&羊毛バフの威力はすさまじいです

やっちゃいましょう!!

なははははははは!

この写り込み、まるで鏡です
満足・・・・

表はこんな感じです

ガンガン行きましょう

ブリッジのスタッドアンカーを仕込む穴をあけます
この作業でブリッジの位置が決まってしまうので
結構緊張します

ボール版にアンカーを取り付けて圧着です

スタッドの取り付け完了!

試しにブリッジ乗せてみます

良いようですね

今度はというと
ネックポケットをマスクしていた
マスキングテープをはずします

ただしこのときには注意が必要です
マスキングテープに塗装が乗っているので
そのまま剥がすとボディーの塗装がめくれてくる可能性があります
なのでエッジ部分の塗装をヤスリで切っておきます
こうすることでマスキングテープが素直に剥がれてくれます

おっと、テープを剥がしたときの写真取り忘れです
なにせトランス状態で作業進めているので
すぐに写真とるの忘れてしまいます

すでにマスキングを剥がしてネックを置いて様子見しているところです

こんどはボリュームポットの穴あけです

塗装前に位置決めをして、マークしてあったので楽ちんです

立て続けにトグルスイッチの穴も開けておきます

あっ、マスクを剥がした写真ありました
なんか、前後しますがボディーの塗装にダメージを与えないで
綺麗にマスクが剥がれています

今度はネックプレートの位置を決めて
ボディーの穴あけです
ビスの面取り加工前のプレートをジグにしていますので
穴の位置は完璧です

穴をあけたならば面取りビットで軽く面取りしておきます

プレートをマスキングテープでしっかり固定
ネックの仕込みに若干の左右の遊びがあるので
しっかりと角度を決めてクランプします

この状態で2カ所だけネックに下穴をあけて
ビス止めします

残りの3カ所はこういう状態で下穴をあけていきます

とりあえずネックを取り付けてみましょう

問題ないようですね
ステンレスのプレートが渋く光ります

さあ、ネック取り付けの作業も完了しましたので
ワイヤリングをする前の
電伝導塗料を塗装します

いつもの「ノイズ減る」です
M君が言うには直訳すると
「ノイズ・ヘルなので雑音地獄ですよねぇ」
確かに洒落が効いています

フタをかぶせるので
あまり気にしないでガンガン塗装します

ピックアップキャビもご覧のとおりです

ワイヤリングの準備も整いました
まずは、シールドジャックから取り付けていきます

シールドジャックそのものの取り付けが
まだ済んでおりませんでしたので
とりあえずサクッと取り付けてしまいます

ワイヤリングを施して取り付け完了です

ピックアップから行きましょう
ピックアップはスチューマック製のピックアップ
「Golden Age」のゼブラです

ネック・ブリッジセットで7000ゴールド少々
円高なので助かります

ってか、この調子で作っていくと
パーツのお代だけで破産しそうです

次は絶対にアコギ作ります!!

取り付ける前に若干の加工を施します

ボディーにべた付けなので
ビスが通るように穴を少しオーバーサイズにします

ブリッジ側もネック側もクリーム色が上です
これは譲れません!!

とりあえずピックアップからのワイヤを
コントロールキャビまで配線します
すでにアースとシールドジャックの配線も終わっています

上に見えるのが今回使うパーツです
ん?なんか多いですけど・・・・
そうです、ボリュームポッドが二つあります

実はこの段階でコイルタップするかどうか迷っています
左がCTSのポッドです中がプッシュプルのポッド
左が例のトグルですねぇ

どうしましょう・・・・・・

ええい、迷うな!
タップしちまえ、ってことで
プッシュプルのポッドを取り付けました

あとはブリッジアースをとってしまえば完了です

一応、アンプにを通して試験しています
タップもOKでした

キャビティーのフタにはしっかりと銅テープを貼ってあります
下穴をあけてフタをしちゃいましょう
はい、ワイヤリングほぼ完成です
写真で見るとボディーとフタの色がかなり異なりますが
肉眼だとほとんど違いが解りません
不思議ですねぇ

ブリッジを乗せて記念撮影
ものすごいスピードで仕上がっていきます

けっして急いでいるわけではありません

ここからが今日の作業です

さあ、ネックを仕上げていきます
完成しているように見えますが、まだ完成しておりません

フレットエッジの加工
フレットの磨き
指坂エッジの加工などなどです

とりあえずしばらく放置してあったので
フレットのすりあわせ状態をチェックします

ほぼ、許容範囲内なのですが
これまでと異なる方法ですりあわせをやってみます

これはアルミのコの字型アングルを短くカットした物です
短いと言っても30cmほどあります

このアルミアングルに#800のペーパーを取り付けて
すりあわせしたいと思います

すでに一度やっているので
本当に軽くこする程度です

 

ほんの少しだけフレットの頭が削れました
フレットファイルで軽く仕上げて
スチールで磨きます

さあ、今度は一番時間がかかりそうな
フレットエッジの加工です

いつものように半球状に仕上げます
っと言っても、いつもこの仕上げなので
かなり慣れてきました
加工スピードもアップしております

エッジの加工も終わりましたので
磨いていきます

昔はフレット磨くのに数時間かかっていましたが
今は10分程度で終わってしまいます

楽ちん

う〜ん、美しい・・・
ピカピカです!
こんどは指坂のエッジを丸めていきます
使っているペーパーは#600です

エッジの丸め加工が終了したならば
オレンジオイルで指坂をクリーンアップします

綺麗なように見えて結構汚れているものです

クリーンアップが終了したならば
指坂のオイル仕上げです

いつものオイルを使って仕上げます

タップリと指坂に塗り込みます
若干染みこむ時間をおきます
んでもって乾く前に綺麗にふき取ります

この作業を3回ほど繰り返して
指坂のオイル仕上げ完了です

はい、ネック完成!

さあ、まだまだ進めます

トレモロスプリングを固定する部品の取り付けです
マスキングテープで位置を確認して穴あけをします

何せ黒いので見えにくいんです

ブリッジアースもとってほとんどの作業完了です

さああああああああ、ゲージを張りましょう
使うのはESPのハイブリッド

札幌のESPで3コパックで1000ゴールド
買いだめしてあります

ゲージも馬鹿になりませんからね

ケージも張り終わったので
ブリッジ裏のフタをしましょう

センター位置を出して
テープで固定して下穴あけます

あとはビス止めしておしまいです

祝、完成!

早々に嫁さんに見せてみました
「その模様はなに?私嫌い」
だめだし食らったのは何回目だろう
過去に好評価いただいたのはレスポールレプリカだけである

それではスペックを見ていきましょう
まずはヘッドから

ペグはシャーラのM6でパーロイドノブ
ヘッド面積が狭いので羊のスカルを入れることが出来ませんでした
金に黒縁のロゴです
上にはお世話になっている木蔵さんに敬意を表しています
「Powered by ”WOOD SHOOP KIKURA」

いつも力をいただいております
改めて感謝します

ネックは道産イタヤカエデの正目3P
間にウォルナットの付き板を挟み込み
ネックヘッドの表には同じ材から
挽き割った付き板を曲げ木して貼り付けてあります

ポジションマークは
外が黒蝶貝、中が白蝶貝のツートン仕様

こいつの作り込みには時間がかかりました
でも白蝶貝が角度によってキラリと光るのが気に入っています
指坂はネック材と同じ材から挽き割った物を使っています

フレットワイヤーはスチューマックのミディアムハイ

トラスロッドはスチューマックのホットロッド
ホイールタイプですね

こいつもまとめ買いしてあります
ピックアップの形状に合わせたザグリで
ピックアップの底板を加工して取り付けてあります

ブリッジは世界のゴトーです
ボリュームノブはそこいらにあった物をとりあえず着けてみました

あとで取り替える予定です

ボディー材は道産の桂
トップ材も同じく道産のスポルテッドのカエデです
塗装はアクリルウレタンでかなり薄く塗装しました

裏面です

ネックヘッドには「TEAM D CRAFT」
アイバニーズの「TEAM J CRAFT」のパクリです
D=道産子ってことで・・・・チームじゃないし

あとシリアルNoも入っています

ネックプレートは2mのステンレス
業者に作カットさせました

渋く光ります

肉眼ではほぼ黒くしか見えませんが
写真で写すと濃いワインカラーってところでしょうか

ネック裏はご覧のような杢です
美しい虎目が出ています

材と製法は本家と異なりますが
ネックの厚さ、非対称クリップの具合も
本家とほぼ同じです

ボディーとネックの取り付け部位も美しく仕上がりました
ボディーのバインディングも上手く仕上げることが出来ました

本家EXとツーショット

実はボリュームポッドの位置を
本家よりも若干後ろに下げて取り付けてあります
プレー中のボリューム回り防止策です
この程度で防止できるかどうかは不明です

 

見た目は完全にAXIS EXです
まずは満足です

弾いた感じは素直にAXISです
生鳴りも悪くありません
もともと桂は良く響く材ですから
悪いはずがありませんねぇ

裏面もビスの数の違いはありますが
そっくりですねぇ

なにはともあれ完成です
製作期間は約3ヶ月半

仕事でなかなか手が着けられませんでしたが
かなりのハイペースで仕上がってしまいました

これも普段弾きの個体になりそうです

さて、今度は何作ろうか・・・
やっぱ、アコギだよなぁ〜Nさんに怒られそうだけど
それにアンプのキャビネットも作らなきゃ
フライングVも作りたいし
Fenderストラトのレリック加工もやってみたいし
やりたいことがたくさんあって困ります

20011年12月3日 完成

祝 完成

【戻る】 【アクシスEXレプリカ】