11_10_01

久しぶりの再開です、ボディーいじり三昧!


まずは本家AXISからいろいろ寸法取りです
あの手この手でサイズを測っています

とりあえずネックの取り付け位置を決めましょう
ボディーのセンターとネックを一直線に
極めて重要な部分です、慎重かつ正確に進めます

ネックの位置が決まったならばいつものMDF板のジグです
こいつをガイドにしてルーターでやっつけます

コロ付きストレートビットでザグリを入れていきます
それにしてもこのコロ付きは活躍します
もうこれ無しでは作業を進められません

ほい、ってなわけでこんな感じでザグリを入れました
まあ、いつもの光景なので特にコメント無しってことで・・・・

さて、今度はネックの仕込み角度を若干付けなければいけないので
そのための準備です

まず、MDF板をごらんのように削ります
先端部分が薄くなるように削っています
先端部分と後端部分では厚さが1mmほど異なります

んでもって、この板をボディのネックポケット部分に貼り付けて
ザグリを入れれば角度付きのザグリを入れることができます

早々にやってみましょう

この部分が20mm

んでもって奥のこの部分が19mm

OKですね
オリジナルとほぼ同じようにザグリを入れることができました

この部分はもう必要ないので
手作業でそぎ落とします

ノミを使ってサクッとやっつけます

ネックポケットのザグリ終了です

ガンガン進めます

次はボディーのラフカットです
ボディー材にジグを両面テープで貼り付けて
1mm程度大きめにカットしていきます

ラフカット終了

ジグの板は裏に貼ってあります
すでにネックポケットをザグっているので
表だと問題ありなので裏に貼り付けています

あとはコロ付きで数回に分けてそぎ落としていけばOKです

はい、ボディーの切り出し完了です
一応ネックをはめ込んでみて直線の確認はしております

今度はブリッジ部分のザグリを入れていきます

壱号機のフランケンで作った図面を使います
そもそもこの図面はこのAXISからおこしたものです

まずはサスティーンブロックが貫通する部分をザグリ増す

ちまちまとジグを貼り付けていますが
この部分はちゃんとしたジグ作ってもよいですね
何せ毎回これですから・・・・

今度作ります

んでもって、コロ付きでやっつけます
まだ貫通していません
ロングの先端ビット使っても
さすがに43mmを貫通させるのは無理です

この後裏側からコロ付きのなぎ払いビットで
貫通させます

はい、貫通

今度は裏のザグリです

サスティーンスプリングを取り付ける部分をザグります

またまたジグの板を張り付けての作業です

サスティーンブロックのスプリング部分終了

次はアームダウンしたときの
サスティーンブロック可動域を大きくするために
後ろの部分を深くザグります

はい、こんな感じ

良いようですね
なんか、この進捗状況はまずいです・・・・
急いでいるつもりはないのですが
まずいです・・・・・・・

ついでに、ピックアップのザグりもやっつけます

こいつも壱号機で作ったジグですね
このまま使えます

コロ付きで一気にやっつけます
深さは浅めにザグっておきます

ピックアップの現物が無いと正確な深さを出せませんので・・・
ピックアップは近日中に届く予定です

はい、ピックアップのザグリも終了です

 

トラスロッドのホイールが収まる部分もザグっておきます

これでネックをしっかりと付けることができます

ボディーのセンターとネックが一直線
OK!!!

あとはネックの仕込み角度の具合を確認しなければいけません
とりあえず後回しです

ザグりついでにコントロールキャビのザグリもやっつけましょう

フォスナービットでラフカットです

ジグをあててコロ付きロングで一気にザグリます
表のトップ材部分までザグリを入れて終了
しゃくり面ビットに一番小さなベアリングを付けて
ふたの部分を2mm削り下げます

はい、終了・・・・・・・

やっぱこの進み具合はまずいよなぁ・・・・

まあ、いっかぁ!

ええ〜い、行くところまで行くぜ!

しゃくり面ビットのベアリングを付け替えて
バインディングを巻く階段状のザグリもやっちまいます

先端ビットの準備を入れても作業時間5分程度

厚さ1.5mm、高さ6mmのバインディングを巻く溝完了

ネック取り付け部分のカットと
ポーズ面ビットを使って
ボディーエッジの処理もやっちゃいました

 

シールドジャックを取り付ける穴まで開けて
今日の作業終了

久しぶりの作業とは言え
完全にやりすぎです

この調子でギター作っていったら
破産します

次回予告

ネックの加工

【戻る】 【アクシスEXレプリカ】 【次へ】