11_08_18

ポジションマーク付けちゃいました


ポジションマークの作業に入る前に
ロックナットを取り付ける部分をザグって行きます

ドレメルで5mm下げます
0フレットの部分も溝を切ってあるので
ギリギリの位置までザグリます

5mmザグったならば
エッジ部分を鑿で仕上げます

最近鑿とか鉋の刃を研いでいないので
若干切れ味が悪くなっています

暇見て研ぎましょう・・・・・・

作業完了

ロックナットを乗せてみましょう
ナットのエッジとヘッドのR部分のエッジが一致するかどうか
少々不安だったのですが良いようです

計算どおりです!(ほんとうかぁ〜)

そろそろポジションマーク作りに進みます

今回付けるポジションマークは
以前アーチなウルフにも付けたツートンポジションマークです

使う材料は外側が黒蝶貝、内側が白蝶貝です
まず、外側の黒蝶貝から加工していきましょう

まず、黒蝶貝に1.5mmの穴を開けます

開けた穴にダイヤモンドカッターの刃の部分を取り外して
軸を取り付けます

この状態で余計な部分をダイヤモンドカッターでカットします

更にダイヤモンドカッターで粗方丸く成型します

軸をグリグリ回転させると概ね丸くなります

最後は軸ごとドレメルに取り付けて
ダイヤモンドはスリに回転させながらこすりつけるだけでOKです

ちなみに左上に見えているのは掃除機です
この貝の粉塵を吸うと高熱に犯されるので危険です

私自身もしっかり防護マスクを装着
更に粉塵は掃除機で吸い込みます
当然掃除機の排気口は入り口の外に向けております

 

直径5mm、穴の部分が1,5mmのポジションマークが出来ました

あと9個も作らなければなりません
がんばります

 

穴を開けるたびに凶悪な生物兵器が生成されていきます

この粉を採っているわけではありませんのであしからず
この後慎重に処分いたしました

これだけ吸ったら明日の朝まで寝込むの間違いありません!

粉塵にビビリながらも10個完成です

まあ、中にはセンターが少しずれている物もありますが
良しとしましょう!

今度は白蝶貝で1.5mmのドットを作っていきます

ご覧のように白蝶貝を適当にカットしていきます

カットした白蝶貝を瞬間接着剤で軸に取り付けます

この白蝶貝の厚さが概ね1.5mm弱ですから
どれだけ小さいかがお解りいただけるかと思います

後はこんな感じで軸をグリグリ回していけばドットが完成します

黒蝶貝にはめ込むので
円柱ではなく若干円錐状になるように削っています

はい、完成

ちいさ!!

せっかくなので既に出来上がった黒蝶貝にはめ込んでみましょう

ふうっ、疲れるぜ!!!

さっ、あと9個作ってしまいましょう

作り始めて3時間が経過しました
なんとか10個完成です

本当は勢いでサイドポジションのドットも作ろうかと思ったのですが
力つきました

残念・・・・・・・・

出来上がったドットを早々に仕込んでいきましょう

しっかりと位置を出して1.5mmの深さの穴を開けていきます

経験値からボール盤を使わないとほぼ失敗します

穴の深さが深かったり浅かったり
はたまた、穴が一直線にならなかったり
ボール盤を使うことをお奨めいたします

穴が開いたなら木工用瞬間接着剤を垂らして
はめ込んでいくだけですね

結構きつきつなので当て木をして
叩いてはめ込んでいます
この調子でどんどん行きましょう

ちなみに、12フレットのドットはこの段階ではまだ仕込みません
指板にRを付ける前に仕込むと最悪12フレットのドットだけ
削れて無くなってしまうおそれがありますので
大事をとって指板Rを付けてから仕込むことにします

センターに仕込んだドットは心配ありませんね

12フレットを除いて仕込み完了

それでは指板にRを付けていきましょう

 

指板Rは14インチR
概ね350mmのRです

ラジアスブロックに#180のペーパーを取り付けて
左右平均に力がかかるように
前後にスライドさせます

ここで経験値から一言
均等に削っているつもりでも
指板の真ん中付近がどうしても多く削れるので
直線を確認しながら両端を少し多めに削りましょう

指板Rが付いた段階で
12フレットのドットを取り付けます

所持しているアクシスEXと同じ位置に取り付けます
指板のエッジ部分から8mmの位置です

結構間開いていますよね
FenderUSAだと更にドット1個分は内側になっていると思われます

更に軽くサンディングして完了ですね

さあ、本日の作業終了です

フラッシュを焚いて撮影すると木が白く写ってしまうので
フラッシュを焚かないで撮影してみました

杢の具合も良く解ります
ポジションマークの具合も良いようです

ネック裏です、結構派手ですね

できあがりが楽しみです

※現在時1900、HP更新作業ほぼ終了
  発熱の兆候無し、どうやら防塵対策は適切だったようです

次回予告

ポジションマークでも作りますか

【戻る】 【アクシスEXレプリカ】 【次へ】