11_08_14

それではネックを作っていきましょう


昨日作ったジグをネック材に両面テープで貼り付けます

母材にもジグにもセンタのラインをけがいているので
楽ちんです

センターのラインを入れ忘れには注意が必要です

ジグよりも1mmほど残してバンドソーでカットしていきます

トリマーのビットが悲鳴を上げるので
出来るだけギリギリにカットしていきます

曲線部分は後からちまちまカットします

ネックのように母材が小さい物は
ご覧のようにトリマーを下から付けて母材を動かした方が安定します

あと、トリマーの回転方向に対して母材をあてる方向を間違えると
上手にカットできません、母材が逃げてきます

写真だと母材を時計回りにカットしていくと
トリマーの刃がしっかり食いつきます

はい、完成

制作過程としては、特に難しい作業ではありませんね
ジグの出来が最終的な出来を左右しますので
妥協しないでジグを作りましょう

ジグがあると量産体制OKです

リアルアクシスのネックを乗せてみます

ピッタンコです、OK!!!!!!!!

エッジにRが付いていないせいか
若干大きく見えます

本当はこの加工をする前に
少しシーズニングしておきたかったのですが
やっつけで作ってしまいました

ネックが暴れ出すと楽器として致命傷ですからね

3Pネック材を量産してシーズニングしておくことにします

さて、次は指板材のカットです

この指板材はネック材から挽き割っておいた材です

ヘッドストックの突き板もこの材からとる予定です

さて、どの部分を使いましょう、悩むところです

カーリー杢が一番出ているところを選んで
切り取る部分をけがきます

この際にセンターのラインと平行なラインでカットします
フレット溝の切り込みの際に
センターのラインに対して直角に切り込むためです

それではバンドソーでカットしましょう

 

新たな新兵器登場です

テーブルベルトサンダーです
カバーがかぶっていますが横の部分にはディスクサンダーも付いています

これは楽ちんです
今まで手作業でやっていたサンディング作業が
かなり効率よく出来ます

ちなみに近傍のショップで現物を確認し、ネットで購入いたしました
かなりお安く買うことが出来ました

指板のセンターラインと平行なラインをしっかり出して終了です

スケールはフェンダーロングの648mm
フレット数は22フレット
0フレット部の幅が41mm
22フレット部の幅が56mm
指板の厚さは7mm

OKです

フレットの溝を切る前に
トラスロッドの溝を切っておきます

まあ、いつものやり方ので細部は省略いたします

カット完了

この後若干の細工をしてトラスロッドを仕込みます

トラスロッドはスチューマックのホイール付きのロッドです

エポキシでトラスロッドを固定しておきます

トラスロッドの両方の遠端にエポキシを流し込むとたいへんなことになりますので
トラスロッドに赤いチューブがかぶっている部分だけに充填します

なにせ、ストラトシェイブの時には
完全に固着してトラスロッドもろともネック一本おシャカにしていますから
慎重にやりましょう

あくまでも真ん中付近だけに充填します

おっと、トラスロッド仕込んだ写真を取り忘れてしまいました

さて、次は最も嫌いな作業

フレットワイヤーを仕込む溝切りです
何故嫌いかというと
正確さを要求する作業を22回も繰り返すからです

有名ファクトリーでは一度に全ての溝が切れる機械を使っていますが
シロートルシアーはちまちま一つずつ切っていかなければなりません

ふぅ、ビールでも飲んでぼちぼちやっつけます

なんとか溝切りも終了

センターのラインと平行だった部分を
本来の指板の幅にバンドソーでカットします

っといってもラフカットです
後からなぎ払いビットでなぎ払うので
1〜2mm程度残してサクッとカットします

あとは、指板をネック材に貼り付けて終了です

今回は指板圧着用の道具を使用します
ブナの木で作った圧着機です、もう一つ作っておいた方が良かったですね

母材が小さいのでクランプ同士の距離が短くて
締め込むのがたいへんなので作ってみました

横から見るとこんな感じです

なかなか良いです
もっと先に作っておくべきでした
今後いろいろなシーンで重宝しそうですね

さあ、今日はここまで、風呂でも入って本格的に飲みましょう!!

次回予告

ネック作ります!

【戻る】 【アクシスEXレプリカ】 【次へ】