11_08_13

AXIS_EX repulica 始動
まずは材の調達とジグの作成


ボディーに使う材の桂の木です
日本全土に自生しますが北に行くほど多いらしいです
芯は褐色です、アルダーによく似ていると思います
軽いですし加工も容易です

また、この木は年に一度落葉の時期に
なんと30分ほどで全ての葉を落としてしまうらしいです
まるで滝のように落葉するらしいです
楽器材の用途としてはピアノが有名らしいです
将棋盤にも使われます

ピアノにも使うくらいですからギターにも使えるでしょう!
ってなわけでボディーは桂で決定

厚さ41mm、幅は300mmほどあるでしょうか、長さは2m超
二枚合わせで3台はいけるでしょう

 

トップ材です

カエデのスポルテッドです
木蔵さんにおじゃました際に社長の一言で第6作目の構想が決定しました

「好きなところ使っていいからこれでギター作ろうよ」

はい、作らせていただきます

最近ミュージックマンのアクシスにスポルテッドメイプルトップのギターが
台数限定で発売されております
現物も拝見いたしましたが個性的で素晴らしいギターでした

この材をみて制作意欲をかき立てられない人はいないでしょう!

ネックと指板材です

カーリー杢のカエデですね、バーズアイも少々出ています
今回はこの材をカットして3Pで使います
木目は柾目でプライします

早々に加工しましょう

まず、ネック材の一部から指板を挽き割ります
厚さ8mmでそぎ落とします

ボディー材もカットしていきます

さすがに200Vの機械、パワーが違いますね

ボディー材のカット終了
後はカットした材の幅を整えて接着です

バンドソーで幅を整えましょう

それにしても機械があると楽ですね
勝手に木蔵さんの機械を使わせていただいております

感謝

接着面をテーブルプレーナで整えます
ここの角度が狂うと張り合わせたときにVの字になってしまいます

 

ボディー材とネック材を加工し終わりました
後は自宅の機械で十分に加工できるので
自宅での作業となります

トップ材の切り出しは後ほどです

どうですか?
なかなか木目も美しいですね

このままストラトに使いたいくらいです

 

接着面を水で湿らせて
タイトボンドをたっぷり付けて
クランプしましょう

ガイドを使わなくても平らに接着出来ました
あとは1日放置です

ネック材と指板材です

板目より柾目の方がカーリー杢の出がよいですねぇ
間にウォルナットの突き板を挟んで接着しましょう

これまた1日放置です

先日木蔵さんにおじゃました際に
所望の厚さまで超仕上げの鉋で加工してきました

鉋屑も美しいです

こいつが私の所有しているミュージックマン アクシスEX トランスブラックです

弾きやすさは抜群です
非対称のネックグリップが最高です

このギターはエディーのシグネイチャーモデルを
同じ材料、パーツを使って日本で組み上げられたモデルです

現行アクシスとは若干異なります

エディーの刻印が入っていないだけで
EVHモデルそのものですね

トップ材はキルトメイプル

なんとこの個体はブックマッチではなくて一枚物でした

それにしてもなんと表現して良いのやら・・・・・美しい

ネックは指板も含めてバーズアイメイプルです

ネック材は板目で使っているため
一般的に良く暴れるネックと言われています

私の使った感じではそんなことは全くありません
十勝の年中乾燥した気候が
影響しているのかもしれません

アクシスを分解して寸法取りしていきます

ブリッジはメーカーの刻印が入ったフロイドローズライセンスですね

製作メーカーは世界のGOTOHです

サスティーンブロックにGOTOHの刻印が確認できます

さすがにナイフエッジ加工はしてありませんけどね
今度やってみようかな・・・・・・・

ボディーのネックポケットのザグリを確認しています

写真部分で21mmの深さです

トップ材は5mm程度です
このトップ材はよく見ると厚さ1mm程度のキルトの突き板を
4mm厚のメイプル(たぶん)材に貼り付けた合板をトップ材として使っているようです

キルト材は貴重ですからね
まあレギュラーラインの製品はこんな物でしょう

再び計測

なんとこの部位ではザグリの深さが20mmジャスト
先ほどのばしょとでは1mmザグリの深さが浅いです

っということは、ネックの仕込みに角度が付くと言うことです

フラットトップにフロイドローズとなると
ボディーとネックが水平だとネックの指板部分を
ボディーからかなり出さなければうまいこといかないのですが

やはり角度が付いていたようです
まあ、私もこれまでの作品はすべて角度付けて仕込んでいますが・・

ヘッドストックも現物からトレースアウトします

4作目のストラトシェイプで使ったジグも使えるのですが
今回は現物からトレースし直しします

 

ボディーもご覧のように現物からトレースアウトします

このアクシスもしばらくは組み上がらないと思います
メンテナンスも兼ねて組み上げたいと思います

とりあえずボディーとネックのジグが完成しました

明日以降ネックから作っていきたいと思います

それにしても最近の猛暑、工房に長く居られません
暑さとの戦いになりそうです

次回予告

ネック作ります!

【アクシスEXレプリカ】 【次へ】