12_08_25

トップの素地染色


まずはバインディングを削っていきましょう
スクレイパーでシャーシャー削っていきます

上の写真でも解るかと思いますが
バインディングの厚さよりもトップ材の方が厚いです

本当はバインディングの厚さをトップ材の厚さに合わせようと思ったのですが、あまりにも厚くて格好悪い
なのでバインディングは少々薄目です
トップ材とボディー材の境目は染色するので解らなくなるはずです
たぶん・・・・・

それではトップ材の素地染色準備を進めましょう

まあ、写真のまんまなんですけどね
一応ボディー材にマスクしていますが
ボディーはかなり濃い染色を施す予定なので
トップ材の染色が飛んでも問題ないんですけどね

一応マスクしております

ボディー裏もこのとおり
完璧にマスクされています

さあ、素地染色です

使う染料はスチューマックの染料
アルコール性の染料です

この段階で有る程度仕上がりのイメージは出来ているのですが
現物合わせで染色していきます

まずは濃いめの染料
アイテムNo5033のメディウムブラウンで染色です

染料は直接手に付くとなかなかとれないので
薄手の軍手を履いてその上からウレタンのゴム手袋を装着します

完璧です

タンポ作るのめんどいのでウエスを丸めて
使います

第一段階終了

実はこの写真
濃いめのブラウンで染色した後
アルコールでふき取った後です
染料が染みにくいところはそのままなのですが
染みこみやすいところは染料が落ちて
コントラストがはっきりとしてきます

なぜこんな事をするかというと

↓↓↓です

虎目をより鮮明に出すためです

上の段階からアイテムNo5037のイエローで染色した写真です
イエローオンリーで染色してもこのような虎目は出ませんね

それにしても平凡な色合いですねぇ〜

う〜ん、いまいちイメージするカラーではありません

ええいっ!やっちまえ!↓↓↓↓

さらにアイテムNo5042のオレンジを乗せてみました

なかなか良い色調になってきました
こちらの方がイメージに近いです

さらにバーストを施します

さあぁ〜!
新調したスプレーガンの登場です
使い心地はどうでしょう、楽しみです!

バースト完了

どうでしょう、イメージ通りです

指坂が黒檀なのでダークな感じに仕上げます

ガンの使用感はめちゃ良いです
低空気量、低圧力なので飛散する塗料がめちゃ少ないです
それでいてきめ細かな噴霧が得られます

以前使っていたガンはたぶんもう使わないかも・・
そのくらい良いです、買いです!

アルコールでの素地染色なので
ちょっとこすれると色落ちします

なので染色した部分をサンディングシーラーでコートしておきます

使用するサンディングシーラーです
2液式のウレタンです

一応ろ紙を通してカップに塗料を注ぎます

ちょっとしたゴミでもダメージが大きいです
リカバーリが大変なのでしっかりやることはやっておきます

一発目の捨て塗り

染料が染み易い部分は塗料も良く染みこんでいきますね
まあ、何回か噴けば塗料は乗ってくると思います

数回噴いていきます

5回ほど噴いたでしょうか

太陽の光の下、撮影してみました
かなりダークな感じに仕上がっています

良いぞ!

ネックヘッドも同じように染色、塗装を進めています
とりあえず今日の作業はここまでですね

庭の草むしりでもやります

 

 

 

 

ところで、いったいどこがデラックスなのだろうか・・・

夜の部

今日は家族で海産バーベキューです
イカ、ホタテ、旬のサンマ(もちろん生サンマです)、生牡蠣
アサリ、開きホッケ、肉はほんの少し

たっぷりと秋の味覚を堪能しました
残念なのは今が旬のスイートコーンが無かったことですかね

何はともあれゴチでした
満足満足

「夏草や兵達が夢のあと・・」

嫁さんも娘もいいだけ飲み食いした後は
「んじゃ、後かたづけはよろしく!」
っと、家の中に戻って行くのです

まあ、いいっか

次回予告

ボディーバックとサイドの染色

【戻る】 【かってにアクシスDX】 【次へ】