12_08_17

久しぶりのボディーいじりです
二日分の作業を一挙公開


早々にピックアップのキャビティーを加工していきます

新たに作ったジグです
この形、解る人には一目でわかると思います
そうです、この個体に乗せるピックアップはディマジオです

現物の購入はまだですが
ネック側にDP103 PAF Newデザイン
ブリッジ側にDP155 Tone Zoneを考えています

さておいて、フォスナービットで粗方ザグッておいて
コロ付きで掘り下げていきます

ネック側終了
掘り下げ値は15mmです

この調子でブリッジ側もやっつけます

すでにブリッジ側も終了しています

次にフロイドローズのザグリです
まずは表からサスティーンブロックが貫通する
ザグリを入れてしまいます

相変わらず適当なジグです
いつになったら専用のジグ作るんだか・・・・

とりあえずフォスナービットで貫通する寸止めでザグリます

貫通まであと1mmってところでしょうか

今度はコロ付きストレートで少しずつザグッて行きます

一段階終了

より深くザグるためにガイドをはずします
ここからコロ付きビットを長いタイプの物に交換しての作業となります

はい、裏まで貫通しました

次はトレモロスプリングが収まる部分のザグリです
まじで専用ジグ作った方がいいかな・・・

毎回これだもんなぁ〜

とにかくコロ付き装備してサクッとやっつけましょう

 

とりあえずアウトラインだけザグり終えました
すでに下の部分のザグり準備完了しています
アームダウンしたときのサスティーンブロック可動域部分です

最後によけいな部分を粗方ノミでなぎ払って
トリマーで仕上げます

はい、フロイドローズのマウント部分終了

ん?一カ所失敗していますねぇ〜
後でリカバリーしておきましょう

ボディー裏のエッジも丸めておきます
ポーズ面ビットです

グリグリやっつけます

ふぅ、だいぶらしくなってきましたねぇ

んじゃ問題の失敗部分をリカバリーしていきます

最終的には色を乗せるのでパテで埋めてやろうかと思ったのですが・・

ええい、削ってしまえ!!!!!!!!!

こんなんなりましたぁ〜

まあ、sheepgang仕様ってことで
素人だし!!

↑↑↑

失敗すると何時もこの手でごまかす・・・

どんどん進めます

今度はコントロールキャビのザグリです
20mmのフォスナービットです

実はこのビット、最近切れが悪かったのですが
思い切ってベンチグラインダーで研いでみました
昔鉄工ドリルツイストは良く研いでいたのですが
さすがに苦労しました

頼む切れ味戻ってくれ〜〜〜〜っ!

おおおおおっ!切れるじゃあ〜りませんか!
駄目元でなんでもやってみるもんです
これでしばらく買わないで済みそうです

さておき、ジグをセットして進めます
またまたコロ付きでやっつけます

ガンガンいきましょう!!!

トグルスイッチとボリュームポッドが収まる部分
二つ同時に進めます

ビットを長い物に交換して更に進めます

トップ材の部分が4mmほど残ったでしょうか

今度はしゃくり面ビットに交換して
フタが収まる部分をザグリます

ザグリ部分ほぼ完了です

あとはシールドジャックのザグリくらいです

この写真はと言うと

ボディー裏にボディージグを少しずらしてセットしている絵です
本家AXISの裏にはコンター加工がされています

真似します

鬼目ヤスリでガリガリこすってこんな感じ

エッジを落として仕上げていきましょう

ネックが付く部分も斜めに加工していきます

この加工によりハイフレットのプレーアビリティーが向上します
ってか、全部本家の真似です

ネック取り付けのプレートを乗せて
具合を確認

良いようです、後はワイヤリングのための穴を開けて終わりですね
ん?シールドジャックのザグリも終わっていますね

行くところまで行きます!

バインディングを巻く部分を加工していきます
またまたしゃくり面ビット
ベアリングを交換して登場です

バインディング巻きに使う物たちです

筆、アセトン、紙テープ、バインディング
です

まあ、こんな感じでやってます

アセトンは揮発が早いので素早い作業が必要ですね
かなり慣れてきました

はい、バインディング巻き終了

1日放置ですね
明日はネックを仕上げます!!

次回予告

ネック仕上げます!

【戻る】 【かってにアクシスDX】 【次へ】