5_08_15

札幌に戻るまで時間があるので作業を少し進めます
ヘッドのバフィングとペグの取り付けなどです


今日もネタから

朝から調子よく作業をしていたら嫁が寄ってきてこう言います

「お昼ご飯食べるから炭火おこして」

なんでもジンギスカンが食べたいらしいです
これ、我が家の位置づけとしてはBBQではなく

あくまでも昼食です

ジンギスカン鍋ではなく炭火で焼くと美味しいです
この後、嫁と娘は満足そうな顔をして家へと戻っていきました
後片付けは私の任務なのです
まあ、私も美味しくいただいたので良いのですが・・・

まずはサイドのポジションマークからやっつけましょう

白蝶貝のドット、2mmです

電動ドリルならず、手先でグリグリ回して穴を空けます
深さが2mm程度なので簡単です

後はドットの尖端に木工用瞬間接着剤を少し付けてはめ込むだけ
はみ出た部分はヤスリで整えて完了です

やはり白蝶貝は深みがあって良い感じです

続いてヘッドのバフィングですね

ご覧のようにローズウッドの導管部分が凹んで見えます
まずは水研ぎですね

水研ぎ開始!

#1000→#1500→#2000と進めて完了です
次いで、50ミクロンで磨いていきます

面積が小さいので手作業で磨いていきます

50ミクロン完了です

少々バフ痕残っていますのでもう少し50ミクロンで磨いた後に
番数を落として磨き込んでいきます

とりあえず1ミクロンまで進めました

まあ、こんなもんで良いでしょう

サイドのポジションマークも打ち終わったので
ネック部分のオイル仕上げに進みます

どうもピカピカに塗装が施してあるネックの触り心地が嫌いなので
ネック部分はオイル仕上げです
ネック部分で塗装が施してあるのはヘッドの表だけです

使用するオイルはワシンのオイルです
このオイルも個人的には好きです
強いて言うと、においが・・嫌

さておいて、マスキングを施して
オイルを塗り込んで行きましょう

オイルをたっぷりと塗って染みこませます

薄く塗ると染みこむ前に乾いてしまうので
たっぷりと塗り込みます

ある程度時間をおいて表面が乾く前に綺麗に拭き取ります

ヘッド裏のオイルもしっかり拭き取って
2時間ほど乾燥、乾燥後の手触りはサラッとしていて最高です

んでもってペグを取り付けましょう
使用するペグはゴトーのペグです

こんな感じで良いでしょう、それでは固定します

はい、ペグの取り付け完了!

徐々に完成に近づいてきます

今日の作業です

とりあえずブリッジにサドルとブリッジピンを乗せてみました
サドルは漂白済みの牛骨なのですが
無漂白の牛骨を加工して使う予定です

まあビジュアル的には良い感じですね

トップの全貌

ピックガードを付けるかどうか悩んでいるところです
個人的にはシンプルなのが好きなので
付けない方向で・・・・どうしようかな・・・・

指板部です

フレットはまだ磨いておりません
次の休みにでも磨こうと思います

 

トラスロッドカバーがまだありませんねぇ

個人的にはこのままでも良いかなと思っているのですが
どうしましょう・・・

考えておきます

バックです

まあ、派手派手です

 

ご覧のようにネックには一切塗装が乗っていません
ネックのヒール部から全てオイル仕上げとなっています

似たような写真が先ほども出てきましたが
これはビスを打って固定した後ですね

ちなみに今回はロゴやら何やら一切付けていません

見える部分では無いのですが
私的に今回一番の売りはバック材もXブレースってとこです

音にどのような影響があるか解りませんが
ちらりと見えるXブレースが渋いと思います

ってなわけでボチボチ札幌に帰らなくてはなりません
9月のシルバーウィークには完成予定です

こうご期待!!

次回予告

今度こそナットとサドルの整形

【戻る】 【 SMALL JUMBO 】 【次へ】