14_10_18

先週の3連休、少しだけ作業を進めました
トップのブレーシングを仕上げていきます


アッパーブレースを除いて各ブレースは全て接着済みです

さあ、加工していきましょう

まずはブレース材をロケット状に加工します

豆鉋で粗方削った後に粗めのサンディングペーパーで研磨します

研磨した後は蚤でごらんのように削ります

良い感じです

同じ作業を繰り返して全てのブレースを加工します

結構時間がかかります

Xブレースの右下部分まで終わりました

トーンブレースのスキャロップも良い感じですね
もう少し頑張ります

何時間かかったでしょうか

ブレースの加工終了です
加工の仕方は図面とは異なりますが
この方が良いと思います

最後にアッパーブレースを圧着します

アッパーブレースの圧着面はフラットです
圧着してから加工するのが面倒なので既に加工してあります

仮置きです、こんな感じですね

んじゃ、圧着

それほど強くクランプしていません

2時間ほど放置、圧着完了です

次はサウンドホール周りの割れ防止材ですね
この材もブレーシングを作った際に出たスプルースの端材を使います

直接タイトボンドを塗って軽くクランプします

こんな感じでクランプしています

このプラスティック製のクランプはお安くて重宝します

バック材の端材からトップ材のブリッジ裏に貼り付ける補強剤を切り出しましょう

カーリーメープルです、贅沢ですね
見えないところなのですが・・・・

少しずつ削ってはめ込みます

これでOKですね、上下のエッジを落として圧着します

この部分はFクランプでは届かないので

懐の深いCクランプで圧着します

これでトップ材完成です

タッピングすると乾いた響きの良い音です

出来上がった時の音が楽しみですね

上の写真が今回作っているスモールジャンボのトップ材

下の写真が前回作ったドレッドノートのトップ材です

基本的なブレースの形状は同じですが
スモールジャンボのブレースの方が全体的に高さがあります

スモールジャンボの方が丈夫そうですね

次回予告

トップ材の貼り付けです

【戻る】 【 SMALL JUMBO 】 【次へ】