14_08_11

昨日の夜はNさん宅で宴会、お泊まりで更新できませんでした
バック材の加工を少々進めます


その前に先日放置しておいたヒールブロックのクランプを外します

はい、こんな感じ

ボディーバック側から見た絵ですね

各ブロックの角度を確認しておきます

サイド材に対してトップ材は直角に立ち上がるのですが
ボディーエンドが厚くなっているので
ボディーバックのヒール部とエンド部からサイド材を見ると
角度が若干付くことになります

まあ、その角度が出ているかの確認です
正確にはボディーバックもラウンドするので
定規を当てたラインよりも若干内側に高くなる感じでしょうか

微かに内側に高くなっているのが解りますかねぇ

微妙・・・・・

んじゃ、ライニングを貼り付けていきます

これは大和マークさんのライニングです
早々に貼り付けていきましょう

ボディーバック側クランプ完了

しばらく放置です
このクリップ大活躍ですねぇ

ちなみに

ライニングはごらんのように1mmほどサイド材よりもはみ出た状態で圧着しています
エンド・ヒールブロックと同じように
後から内側に向けて若干盛り上がるように加工していくためです

圧着完了

まあ、こんな感じで内側が若干高くなるように鉋で削っていきます
角度は適当(適切な値・・・・たぶん)です!

はい、ライニングの圧着、加工、概ね完成です

だんだんギターらしくなってきました

次はボディーバックの加工に入ります

まずはボディーバックのセンターにはめ込む材を切り出します
バック材の余分な部分から切り出します
幅は3mmです

切り出した材をシナの端材を使ってテストします

深さ1mm、幅6mmの溝をトリマーで掘って具合を見ましょう
良いようですね、これで決定!

んじゃ、ボディーバックのセンターに溝を付けていきましょう

ガイドは手抜きの定規、ある物は何でも使います

溝の彫り込み完了

ちなみにバック材の厚さは2.8mmってとこです

すでに仕込んだ後の加工に入っていますねぇ

写真撮り忘れです・・・・・

0.5mmの黒・白・黒、計1.5mm木製パーフリングで
メイプルを挟み込んだ状態で仕込んであります
はみ出た部分を粗方鉋で削ってしまいます

まだ少しはみ出ていますね

鉋で削るのはこのくらいにしておきましょう
カーリーのバック材にカンナの刃が掛かってしまうとまずいです

 

とりあえずバックはこんなイメージです

派手ですねぇ〜っ!

この状態でボディーの形状に合わせてラフカットしちゃいましょう

 

はい、ラフカット完了

良い感じですね

サンディングブロックにペーパーをつけて面一にしました

なんだかんだ言って半日作業です
明日はバックのブレーシングかなぁ

さあ、風呂入って今日も飲もぉ〜〜!!!!!

次回予告

今度こそバック材のブレーシング加工です

【戻る】 【 SMALL JUMBO 】 【次へ】